other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

戦闘飯盒2型 再生産版 シルバー(防衛省自衛隊仕様完全復刻、正式名称 飯ごう,2形)

7,900円

送料についてはこちら

【お知らせ】 原価高騰が続く事で製作費が徐々に上がっているのが現状です。 だからと言って価格を上げる事はしたくない為、パッケージ費用を削る事で賄っています。今回のロットから箱をブラックで統一していますので、御理解の程、よろしくお願いいたします。 ※発送は10月下旬予定となっております。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ■使用感、大きな写真などは公式ホームページにて公開中です。下記リンクにて確認頂けますので、是非ともこちらもご覧ください。 https://moose-od.work/messtin/ 【戦闘飯盒2型を御購入を検討されている方は必ず説明文をお読みください。】 ※転売が相次いでいます。過去複数個御購入、他こちらのブラックリスト対象者は御購入を取り消す可能性がありますので御理解ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 防衛省陸上自衛隊で使用されていた正式名称「飯ごう,2形」を13年前に防衛省から正式に製造を請け負っていた会社に依頼をし、その当時製作をした工場、当時の金型、治具、塗料等を使用することにより完全復刻致しました。 つまり、レプリカではなく、本物を「再生産」する事に成功致しました。 本物は吊り手部分が長く、収納に不便な点がある為、復刻に伴いMOOSE ROOM WORKSオリジナルでショート吊り手も製作して2種の吊り手を同梱したパッケージとなります。 なお、防衛省へ納品された製品と区別する必要があるため、桜マーク等(納調達要求元の標識、納入年度、製造者名)の刻印は入れる事が出来ませんので、無印となっております。 1、こちらの戦闘飯盒2型は、14年前に陸上自衛隊飯ごう2形を防衛省から正式に製造を請け負っていた会社様へ依頼をし、その当時の工場、金型、治具などを使用して製作をして頂いております。つまり、レプリカではなく、その当時に防衛省へ納品された本物を再生産するというコンセプトの製品となります。 2、自衛隊に納める際の基準で検品、弊社に納品されております。自衛隊の装備品だからと言って、限られたコストで製造された製品のため精度が凄く高い訳ではありません。当時の治具や溶接方法、塗装方法の為、最先端の技術で製作をした製品ではない事を御理解ください。多少の歪みやズレ、擦れ、塗装剥がれがある製品もあり、全体的に個体差があります。完璧な製品を望んでいる場合、こちらの製品は御控えください。御購入後のキャンセル、交換は受け付けておりません。 3、過去の戦闘飯盒2型の金型は複数存在します。その中でも比較的新しい部類の仕様書で製作されている2型となります。初期の戦闘飯盒2型からアップデートされている部分がある為、1980年代、1990年代に製作された製品と現物を比較した際、本体の形状、上蓋取っ手の角度が異なります。 上記3点、御理解の上で御購入の程をお願い致します。 【戦闘飯盒2型とは?】 一般的に発売されている「兵式飯ごう」は4合炊きですが、この戦闘飯盒2型は2合炊きの飯盒。本体サイズも4合炊きタイプよりもコンパクトで高さも低く、持ち手部分も上下に動く事で持ち運びに便利な飯盒となっています。 約10年前まで自衛隊内で主に配給の際に使われていた飯盒。自衛隊内でプラスチックの器に変更され、この戦闘飯盒2型を使われる事が少なくなったと聞いています。当時は上蓋と中子と呼ばれるパーツを写真の様に連結する事で2つの器を片手で持つことで配給を受けていたみたいです。 自衛隊員は使い勝手の良さから今でも使っている方が居る程の銘品です。 【オークションで高騰】 既に製品自体が作られていない為、世の中に存在している戦闘飯盒2型は希少。その為、この戦闘飯盒2型は某オークションなどでは2万~3万円で取引されている事もしばしば見られる程の製品。それほど人気が高い製品である事は間違いありません。 【戦闘飯盒2型の良い所】 ソロキャンプで飯盒を使ってご飯を炊くと考えると4合も一度に炊きません。。炊いてもせいぜい1合から2合という所です。この戦闘飯盒2型は最大で2合炊き。そしてサイズもコンパクトなので、炊いた後のご飯がよそいやすいのも良い所。そして上蓋が深く取っ手もついている為、簡易フライパンとしても使用が可能。ですので、この飯盒1台である程度の調理が出来てしまう所が最大のメリット。 合わせて中子もついている為、お皿としても使用出来るので持って行くギアが少なくすむのも本当に良いと感じています。 【様々な調理方法】 飯盒=ご飯を炊く と言うイメージが強いと思いますが、この戦闘飯盒2型は様々な使い方が出来るのが面白い所です。 ・蒸し料理 中子の一部に上蓋と連結する為のスリットが付いているのですが、このスリットのお蔭で本体でご飯を炊いている際の水蒸気を利用し、中子で蒸し料理が可能。 ・上蓋調理 上蓋には取っ手が付いています。ですので簡易フライパンとして使用して炒め物も可能となっています。 ・水蒸気炊飯 中子にお米と水を入れ、本体側でお湯を沸かす事で水蒸気の熱でご飯を炊く水蒸気炊飯も可能。初めての方でも焦がさずにふっくらとご飯を炊く事が出来ます。 【コンパクトかつ実用性が高いギア】 一般的な飯盒よりもサイズがコンパクトなのでザックへ収納バランスがとても良いのも戦闘飯盒2型の良い所。そして中子が付いているので、本体の中は2段になっています。飯盒の中にナイフ、カトラリー関連、アルコールストーブなど色々なギアを潜めて持って行けるのも魅力です。 【最大の拘りは完全復刻の戦闘飯盒2型】 既に生産が終わってしまった戦闘飯盒2型ですが、この製品は今後皆さんにも是非使ってもらいたいという気持ちがあり、戦闘飯盒2型復刻プロジェクトを開始。約1年程かけて、正規の金型、当時のカタチをなんとか復刻する所まで漕ぎつけて満を持して発売という所まで辿り着きました。 同じ形の戦闘飯盒2型を製造するのはお金を出せば簡単です。ただ、それでは全くもって意味が無く、自衛隊で使われていた製品。ここを追求したくて時間がかかってしまいました。 完全復刻を謳える理由として、当時製造していた時に使われていた金型(本体、中子、上蓋、耳がね)、治具(吊り手)を使用、素材(アルミニウム、真鍮、硬鋼線)、そして自衛隊同仕様の塗料を使用し、当時の工場にて製作するという、完全復刻の戦闘飯盒2型になります。 そしてこの戦闘飯盒2型のデメリットと言える吊り手の長さ。MOOSEオリジナルでショートの吊り手を製作。オリジナルとショートの2個同梱してのパッケージで発売となります。使い勝手の良さを追求した吊り手、オリジナルでも楽しめる完全復刻の戦闘飯盒2型は国内ではMOOSE ROOM WORKSだけでしか手に入りません。 MOOSE ROOM WORKS 【戦闘飯盒2型(シルバー)防衛省自衛隊仕様カスタマイズ版】 防衛省自衛隊で使用されていた戦闘飯盒2型を再生産! 塗料に関しては無塗装。【真鍮製の耳がね】の存在が無骨さを醸し出す為、あえて塗装無しアルマイト加工バージョンを製作。塗装剥がしの煩わしさから解放されます。 ※本体に刻印は入りません。 サイズ 本体 約 W 177 mm(約201mm 耳がね含む)         H 105 mm         D 100 mm     吊り手オリジナル        約 W 196 mm          H 155 mm     吊り手ショート        約 W 196 mm          H 100 mm      素材  アルミニウム、真鍮、硬鋼線 重量 本体  約320g     吊り手 オリジナル 約80g ショート 約40g   外装   本体 …アルマイト加工      吊り手…亜鉛メッキ加工 生産国 ベトナム(自衛隊官給品製作工場にて製作) 内容  戦闘飯盒2型本体(本体、中子、上蓋)     吊り手 オリジナル     吊り手 ショート     説明書 ※こちらの製品はアルマイト加工をした後、OD色を塗る前の段階の製品になります。特に耐熱クリア塗装などで仕上げていませんので、加熱により本体がうっすらと白く変色する事が御座いますので御理解の上で御購入ください。 ※塗装が無い分、吊り手と本体耳がね部分の摩擦が無い分、引っ掛かりが緩くなっています。ユーザー様ご自身で調整をしてください。 ※食品衛生法に準じた製品となります。 ※本体はアルマイト加工しております。 ※多少の塗装スレは範疇ですのでご理解ください。 ※使用中に塗装は剥がれますのでご理解ください。 ※取っ手、吊り手は火にかけると塗装が焼けます。不良品ではありません。

セール中のアイテム